悪役が出てこない物語

ほんとうに見事なまでに悪役が出てこないという物語なんてあるんですね。
初読み作家さんの本でそう思いました。
普通は・・・というか、どんなにすばらしい人でもその周りには嫉妬をしたり自分のことしか考えないような人がいるものですよね。
フィクションの中にも現実と同じようにいろいろな人がいるものです。
そういうマイナスな人の行動がいつくるのか、どうくるのか、何気なく待っているものなのかなぁと気が付きました。
現実な嫌なことばかりだから、物語のバッドエンドはますます嫌いです。
読後に嫌な気持ちになる本は読みたくない。
でも、ここまでみんな良い人で悪い人がいない物語というのは、それはそれで気持ちが悪いし嘘っぽく感じてしまいました。