珍しい業種は人気

タイプライターなんて生で見たことありませんが、修理と販売を手掛けている会社は、全国から依頼がくるくらいとても繁盛しているんだそうです。
修理の依頼が最も多く電子タイプのものなど。
タイプライターに電子ってあるんですね。
貿易会社ではいまだにタイプライターを使っているのには理由がある。
複写式の伝票に使うので四六時中打っているんだとか。
あとは図書館の背表紙ラベル!
小さいラベルにピンポイントで文字を打つのは持ってこいなんですって。
図書館にはよく行くけどこのことは初めて知りました。
修理料金は一万円からで、高いなと思いましたがじゃあ、新しく買い替えようとならないのがタイプライター。
修理用部品を数多くストックしているのがこの会社の強みなんだそうです。