すごく好きな本のドラマや映像化は本当に反対です。
映像化して良かった作品はいまのところありません。
原作者や映像化関係やは読者の勝手なイメージでとやかく言われたくないでしょうね。
読者のものではないですから。
しかしある固定の媒体で発表されたものはそれから読者の世界がつくられるわけじゃないですか。
嫌だと訴えることはできないけど、主張をすることは自由ですよ。
内容を知ってまた私の好きな本がドラマ化しちゃうのかと思ったら違う本でした。
そちらも読んでいたけど、可でもなく不可でもなくでした。
同じような系統の話しなので、私の好きな方は映像化をしそうになくて嬉しいです。
映像化してしまったらそちらで触れ合う視聴者のものだと私は思います。