車の侵入を制限した街

ヨーロッパで車の侵入を制限した街があります。
人が来なくなるのでは?ということもなく、なんと売り上げが3倍に増えました。
車を停めて徒歩でその街に入ってお買い物をするので人が遠のくようなイメージがあったのでびっくりです。
歩くことによって住民も健康的になったというデータもあるそうです。
駅の近くや駐車場が広いなどの利便性を排除した取り組みで幸せになれる例ですね。
便利なことをすすめていくこの世の中で逆のことをして、売り上げも伸びるし健康的な人も増える。
これを考えた人もすごいですけど、その街をつくることに協力した人達もよく決心がつきましたね。
高齢化が進んで歩くのが大変な人達に、歩かないで良い仕組みをつくるかそうでないか、まだまだ色々試す価値はありますね。