ストレスが軽減することによって改善

胸やけはストレスが軽減することによって改善できることもあります。
インピーダンス検査という去年認可された新しい検査で胸やけを起こすことを調べられる。
胃液逆流タイプとゲップタイプの二つが考えられます。
見分け方としては症状が出るタイミングがあげられます。
胃液逆流の場合
食後の不快感があり市販薬が効きやすい。
気体は当たりやすいため鎖骨付近まできてしまうからです。
酸を中和する成分があるので田永輝や水を飲むのは良い。
治療薬、胃酸分泌抑制が適応。
ゲップの場合 
食後以外でも不快感がつきまとう。
ゲップが増えてしまうので水や唾液を飲むのは逆効果となります。
食道粘膜保護薬、抗うつ薬が適応。
アルコールは逆流を増やすものです。