日本人の死因を占める病に効果がある食材のひとつはタマネギです。
血液がサラサラ、疲労回復などありました。
医学的に本当に効果があるのは胃がんの予防です。
日本人の死因第一はがんであり、胃がんは上位になる病で毎年5万人もの人が犠牲になっています。
オランダの研究では食生活とがん発生率の関係では、55から69歳の男女13万人に調査
一日半分食べる人はガン発生率は半分にもなる。
タマネギに含まれるキルセチン。
 ポリフェノールの一種
ガンに対して抗酸化物質として働く
トマト、ブロッコリー、ワインなどにもありますがタマネギには最も多く含まれている。
胃がんとは胃の粘膜の細胞がガン化してしまうことをさします。
ケルセチンが増すぎたが活性酸素をを中和してくれる。