ヘビ背は現代人病

背骨が左右に湾曲していることをヘビ背といいます。
体をささえる大切な骨に異常があるとさまざまな健康被害が起きていまいます。
骨と骨の間にある椎間板に注目してみましょう。
若いときは水分があって弾力があります。
歳をとると水分が少なくなって椎間板にストレスがかかってしまいます。
普段の何気なくとってしまう姿勢や、足を組んでずっと同じ方向に傾く、床に座るとき同じ方向に足を向けるなど。
思い当たることはありませんか?
骨盤がいつも同じ方向に偏るのは良くないのです。
ヘビ背は現代人病とされています。
コツとしては、一定方向にばかり向けていないである程度したら向きを変えてみましょう。
小さなことですが気を付けるだけで変化はあります。