糖尿病と足のつり

糖尿病は血液の中の数値が常に高くなってしまう病です。
糖尿病は神経がボロボロになってしまうので、筋肉に行く血液の流れが悪くなり血液が脱水状態になってしまいます。
足がつったくらいでなにか重大なことが起きているかもしれないと考える人はなかなかいません。
しかし血管のつまりが原因の場合もあるということを知っておくべきです。
痛みと痺れが発生してしまいます。
飲むのも多くて、出すのも多いのが糖尿病です。
水をたくさんのんだり体重が減ったりしたのは代謝が良くなったと勘違いしてしまうという誤解があおきてしまうこともあります。
痛みの原因を自分で勝手に自己解決してしまうわないでまずは専門医にみてもらうことです。
医者嫌いな人でも知識を持った人にみてもらうことは大切ですから。