小心者なのでもらえない

フォローしたら一人につき100万円をおくります。
新手の詐欺かと思うようなフレーズですけど、名前を出してツイートしている人がいますね。
以前同じようなことをした某社長は一人一人の夢とかも読んだ上で当選させてましたが、この人はそういうことはしそうにないですね。
100万円は欲しいです。
当たれば嬉しい。
でも、貰ってしまったらこれからの人生の幸福が少なくなるんじゃないかという、めちゃくちゃ小心者です。
自分で買った宝くじが当たっても同じように思うでしょうね。
話題が欲しくてやるのかもしれないけど、それなら今は千葉の台風被災しているところに送るとか、子供関係のところに送るとかすればいいのに。
千葉には直接行って支援はしたみたいですが、なんとも言えないばらまき方法ですね。

テミスの休息

藤岡陽子さんの、テミスの休息を読みました。
離婚をして一人息子を抱える涼子は弁護士事務所の事務員さんです。
そこの所長でもある弁護士に、義理じゃないチョコが欲しいと暗に言われています。
で。弁護士事務所に依頼があり・・・・。
短編の連作なので、いつも涼子が主人公として進むのかと思ったらそうでもなく。
弁護士の視点のときは、涼子って思わせぶりな女だなと嫌な印象になりました。
ある程度歳をとったら、そして仕事で関わりがあるのだから、思わせぶりになるのは仕方がないとは思いますよ。
でも同性として涼子の応援をするって気にはなりませんでしたね。
悪い人ではないし息子を第一に考えているところは良いのですが、好きになれずに読んだので残念です。

パプリカは赤が一番

赤いパプリカよりも、黄色いパプリカの方が私は好きです。
しかし、赤いパプリカはビタミンA・C・Eが凄く多い抗酸化ビタミンが多いしカプサイシンも他のパプリカよりも多く、脂肪燃焼効果がある。
カプサイシンはとうがらしに多いイメージですがあちらは辛いけど赤いパプリカは辛くないから沢山食べられますね。
パプリカのきんぴらは薄切りにして中のワタは取らない方が良いって知りませんでした。
食べるのに抵抗があって絶対に取ってたのに体に嬉しい成分が入っていたなんてショックです。
ピラジンという血液をサラサラにしてくれる成分があるそうなので今後はきっちり残して食べようと思います。
パプリカパウダーが簡単で良いそうだけど高そうですね。

暑い季節は大嫌い

暑い季節は大嫌いなので夏に入りかけの今ですらうんざりです。
外に行くのも嫌だけど、家の中だって暑い。
料理をしなければならないからキッチンも暑い。
そんな中で揚げ物をしていた私と母。
出来上がって席について父親が網戸にしていたのに雨戸を閉めたんですよ。
私達二人は暑いのになんで閉めるのかって状態です。
そしたら「動き回っているからだろ」と父が言ったんですよ。
その他人事の言葉にイラっときました。
何も言い返さなかったけど!
動いているのは食事の用意をしていたからのなのに。
用意してあげているんですよ。
それなのに、よくそんなことが言えるなと。
悪気はないというのは分かるけど無神経すぎます。
料理をしない人はわからないんでしょうね。

髪の毛を切らないヘアサロン

髪の毛を切らないヘアサロン、というのを見て聞いたことがあるような気がしました。
シャンプーとセットのみで海外でははやっているそうです。
ああ、なんか水商売の人が出勤前にセットしてもらっているようなイメージかなぁ。
でも人に髪の毛を洗ってもらうのって好きじゃありません。
首のところとか、もっと念入りに洗って欲しいと思うけどなかなか言えませんし。
ブローは自分でやるよりは確かに良いでしょうね。
定額制だったらなるべく通いたいと思うでしょう。
でも、これって働いている人は大変ですよね。
美容院でもシャンプー担当って新人さんとかが担当する事が多いイメージです。
一日に何回もやっていたら手荒れもするでしょうし。
このお店の従業員の楽しみなんてあるんだろうかと心配になりました。

傷ついている人

傷ついている人に鞭を打つようなことはしたくない。
これは普通の考えですが別れた男性に対して私が思っていることです。
憎みあって嫌いになって離れるわけじゃないのだから、最後はきれいごとだとしてももっと心に残るような言葉をくれてもいいのに彼からはありませんでした。
男性と女性の求めるものの違いでしょうか。
彼には精神病を患っている母親がいて、しかも長男という立場で苦しんでいました。
協力してくれると思っていた弟が急に家を出てしまい、父親も母親との関係に疲れてしまったようです。
その母親をかかえて結婚相手を探すというのはどう考えても難しいでしょう。
結婚するというよりも義理の母の介護をする人の募集なんて無理ですよ。
私にも関係が深まる前には教えてくれませんでした。

薬物使用での逮捕

芸能人の薬物使用での逮捕は嫌な気持ちになりますね。
一般人よりも多岐にわたっていろいろな人とつながっているお仕事なだけに、そのぶん迷惑をかけるわけですから。
よく海外に行く先輩薬剤師Pさんが言っていました。
海外では麻薬なんてそのへんにいっぱいあって簡単に手を出せる。
出さない方が珍しいくらいだって。
Pさんはお酒やたばこすらかなり嫌悪する人なので薬に関してもそうです。
麻薬が身近にあるという海外はやっぱり怖いし、そんなに簡単なら未成年の子だって手に入れてしまうでしょう。
やはり環境って大切です。
でも最終的にはその環境に打ち勝つ心が必要になります。
周りの友達に流される人だっているでしょうし、自分で手を出さないようにしないと一生が狂うことにもなるでしょうね。

ギリギリ間に合ったのか微妙

気が付くのが遅かったのかギリギリ間に合ったのか微妙ですが、明日は母親の誕生日でした。
いつもは毎年両親で旅行に行っているんですよ。
だから大抵は3月に入ってからになります。
ケーキの準備を全くしていなかったって前日に気が付いても困ります。
仕事が終わってから買いに行けるところにあるケーキ屋さんは不評なんですよ。
私だったらコンビニのケーキでいいし、むしろ最近は凄く美味しいからコンビニスイーツの方がいいくらいです。
でも親世代はそう思わないような気がします。
ケーキをつくるといっても材料を入れて焼く程度のものですが、なにせ材料がない。
焼くなら朝一で焼かないといけないし。
自宅にあるものでつくったら迷惑かもしれないし思案中。

注文しにくい購入品

コンビニで売っているホットスナックって、あまり買わないけど注文しにくいというのはあります。
某コンビニでは口頭で注文するのではなく札を出すようにしたそうです。
これはすごく良いことだと思います。
口頭でちょっと言うくらいだけど、前に間違えられたことがあります。
あとは、何を買おうか迷うときがあるじゃないですか。
でもレジの横にあるから並んでいる人との違いが分からないこともあるし、並んでませんよって雰囲気を出していますけど、お店の人が待ち構えていたりするのが気まずいです。
頼むときにその場にあるかどうか、札で分かるようにしてくれれば買いやすいです。
その気まずさが面倒で買うのを止めたことがあります。
店員さんにもお客さんにも良い取り組み!

今の外食産業の流行り

ぜんぜん外食をしないので、今の外食産業の流行りとかはさっぱりわかりません。
外食はしないけど出来合いのものを購入して自宅で食べたりはしますよ!
スタンド酒場という飲み屋さんがテレビで特集されていました。
立ち飲みと大衆酒場の中間のうな店舗です。
パッと言ってパッと帰るからものすごく儲かるんですって。
私は年に数回しかお酒を飲まないのでわかりませんけど、お酒が好きな人は毎日でも飲みたいんですね。
月商1000万円は年商1億2千万円ということだそうでものすごいかせぎっぷりです。
コの字テーブルで作った人がすぐにお客さんに出せるスタイル。
庶民的でしたしみやすいけど、見たことがないようなメニューもはさんでおいておくってなかなかの知能犯ですね。